むし歯というのは、防ぐことは不可能に近いのです。

何気ない普段の生活のなかで、むし歯菌に感染してしまう場面が多すぎるのです。どんなに心がけていたとしましても、ふとした瞬間に感染してしまっているものが「むし歯」なのです。 だからこそ、ご自身による予防ケア、赤ちゃんや乳児の場合は親によるケア、がとても大切になります。 そしてより、むし歯にならないようにする為に、歯医者さんの存在は欠かせません。実際、ご自身だけのケアでは補えないむし歯の予防ケアはたくさんあります。それに伴った予防治療方法も現在では沢山あります。 歯科医院での定期的な通院で、しっかりとしたむし歯予防知識を身につけて、予防ケアしていくことが大切になっていきます。

むし歯は絶対放置しておかないこと!

「歯医者さんに行くのがめんどくさい」「歯医者さん怖いからいくのがいやだ...」「仕事が忙しく時間が作れないので行く暇がない」「こどもが嫌がって歯医者に行きたがらない...」など各お歳頃によって、歯医者さんに行けずに放置してしまう場合があります。 ですが、お勤めの方でも、小さいお子さんをお持ちの親も、成人の方も、かならず歯科医院に行く時間を作ることをオススメ致します。今はよくてもむし歯は進行が進むと、とても怖いものなのです。 成人の方でもし、むし歯の進行が進み、歯や歯茎に激痛を感じてから、歯医者さんに駆け込んで治療してもらおうとしても、結果「歯を抜くしかないですね...」となってしまう場合が多いのです。そうなってしまいますと、むし歯の激痛に加え、歯を抜く(抜歯)の痛みも加え、その後の生活は入れ歯となってしまうことがります。 むし歯を、ずっと放置しておくことで、口腔内の多くの歯にむし歯が転移してしまい、最悪の場合、全部歯を抜かないと行けなくなってしまうこともあるのです。 もし、多くの歯がむし歯におかされていて、抜歯しなければならないのじゃないかと思ってる方は、すぐにお近くの歯科医院にご相談してみることが良いでしょう。 最も良いのが、入れ歯専門歯科医院に行き、ご自身の口腔内の状態や、歯の状態を見てもらうことが良いでしょう。入れ歯専門歯科医院ハイライフグループや大前歯科医院などがお勧めです。

簡単!むし歯のチェックシート!

このチェックの中で一つでも、該当してしまったらむし歯の疑いがあります!お早めにお近くの歯科医院に行くことをお勧め致します。


□1日に1度も歯磨きをしないことがよくある。
□冷たい食べものや飲み物がたまに歯にしみてキィーンとなる。
□歯が黒ずんでいる。
□歯と歯の間、歯と歯茎の間に食べものが挟まってることがある
□歯に穴があいている。
□甘い食べ物や飲み物で歯がしみることある。
□温かいものが強くしみる。
□日々の生活で歯が痛むことがある。
□歯医者さんで定期健診をうけてない。
□歯を舌で触ると引っかかる
□歯が茶色や白く濁った部分がある
□両親ともむし歯が多
□歯の表面がザラザラする


該当していましたか?
むし歯の発見だけではなく、むし歯以外の問題点にも気付くきっかけとなることもあり、様々な症状の早期発見につながっていくこともありますので、 一度、お近くの歯科医院に通ってみてはいかがでしょうか。